プレスリリース

2018.07.30

〈ドラッグストア2018年6月のインバウンド消費調査〉
子ども用スキンケア商品がランキングTOP30に初登場
~訪日外国人消費、「もも人気」が子ども用品にも拡大~

購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2018年6月のインバウンド消費動向調査を発表します。

当月のインバウンド消費購買件数は1店舗あたり1,761件で、前年同月(1,436件)比は22.6%増と好調に推移し、当社の調査開始以降6月として過去最高件数を記録しました。1レシート当たりの購買単価は前年同月比6.4%増の15,267円でした。個別商品の売上個数では、子ども用のスキンケア「薬用ローション ももの葉 200ml(ピジョン)」が初めて30位以内にランクインしました。前月は虫よけ剤「虫きちゃダメ 60枚(アサヒグループ食品)」が過去最高の2位に上昇しており、子ども向け商材の人気が続いています。

インバウンド消費購買件数(1店舗あたりのレシート枚数) *単位:枚

■インバウンドの「もも人気」が影響か!?子ども用スキンケアが急上昇
赤ちゃんのあせもや肌あれを防ぐ「薬用ローション ももの葉 200ml(ピジョン)」が、インバウンド消費売上個数ランキングの19位にランクインしました。中国のSNSでも書き込み件数が増えているためか着実に売り上げを伸ばし、当社がインバウンド商品の調査発表を開始した2016年4月以降で、初めて売上個数ランキングトップ30に入りました。

「薬用ローション ももの葉 200ml(ピジョン)」は保湿成分にももの葉エキスを配合した商品です。過去の当社インバウンド消費調査では、お菓子の「蒟蒻畑」やOTC医薬品の「龍角散ダイレクト」、化粧品の「ニベア リップクリーム」など様々な商品において、中国で縁起が良いとされる「もも」に関連した商品の売り上げが特に高い傾向が見て取れました。この商品が人気を高めている理由として、「日本ブランドの育児用品」、「無添加」といった信頼性・安心感に加えて、「もも関連商品」であることの影響も考えられます。

■2018年6月インバウンド消費売上個数ランキングTOP30

〈当調査におけるインバウンド消費の定義〉
全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「銀聯カードが利用可能」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」など複数の条件から「インバウンド店舗」を設計しています。その「インバウンド店舗」の購買情報をもとに、「1レシートあたりの購入金額が5,000円以上(免税対象)」の購入といった条件によってインバウンド消費を特定し、分析を実施しています。

〈インバウンド消費 実売動向レポートについて〉
購買ビッグデータ分析の株式会社True Dataが毎月月末に発行しているレポート。2016年5月に発売がスタートしました。2018年6月のデータを掲載した「インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.27」は、下記ホームページより、レポートの一部を無料でダウンロードいただけます。

http://www.truedata.co.jp/inbound/
価格:年間購読版 月額83,000円(税別)

<報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社True Data 広報室TEL:03-6430-0721/E-mail:pr@truedata.co.jp