プレスリリース

2019.07.16

日本気象協会「売りドキ!予報」の全国版を共同販売
~気温変動による売り上げ傾向を予測 雨による影響の精度も向上~

データマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は2019年7月16日(火)より、一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、理事長:長田 太)の小売業向け商品需要予測サービス「売りドキ!予報」の全国版を、日本気象協会と共同で販売します。2019年4月23日(火)に販売を開始した同サービス関東版を全国版に拡張し、全都道府県の市町村ごとの需要予測指数を算出していただけるようになりました。また、全国版に拡張するにあたって、雨(降水)による売り上げの影響効果を改良し、より高い精度を実現しました。True Dataは同サービスへ、スーパーマーケット、ドラッグストアにおける統計化したカテゴリ別の購買データを提供しています。

「売りドキ!予報」は売り上げが伸びるタイミングを知らせることで、店舗全体の売り上げ増を見込めるだけでなく、売り上げの下がるカテゴリとその時期を事前に把握し、惣菜製造量や仕入れ量を抑制することにより、食品廃棄を防ぎ地球環境の保全にも貢献します。また、人手不足が問題となっている昨今、経験や勘に頼らずに多くの従業員が気温変動による売り上げ傾向をあらかじめ予測することが可能になります。

True Dataは、誰もが簡単にビッグデータを活用したマーケティングができる世の中をめざして、地方自治体・企業・団体・学校などとのオープンな連携に取り組んでまいります。

【サービスの概要】
日本気象協会が自社で保有する過去の気象データとTrue DataのPOSデータを解析して、[当日]、[週間]の需要予測を7ランクの指数で予測する「需要予測指数」と、「気象情報」、「販促カレンダー(MDカレンダー)」を搭載したWEBサービスです。7つの分野(惣菜、青果、精肉、鮮魚、日配、グローサリー、日用品)に含まれる数百カテゴリの情報をご覧いただけます。商品を550カテゴリ以上に細かく分けた月額7万円の「スタンダード」と、約120カテゴリに分けた月額5万円の「ライト」の2プランを販売します。
※True Dataが独自に分類したカテゴリ(一部精肉カテゴリは日本気象協会にて分類)

【日本気象協会の全国版「売りドキ!予報」で改善された内容】
エリア・カテゴリごとに降水効果を反映し、予測精度を向上
新たに雨(降水)の影響をエリア別・カテゴリ別に詳細に解析し、その結果を全国版「売りドキ!予報」に反映しています。「売りドキ!予報(関東版)」よりも、精度の高い予測を提供できるようになっています。

2019年9月末までにお申し込みのお客さまは、申し込み後半年間は半額となります(半額適用期間は、最大で2020年3月末日まで)。アンケートにより改善要望のヒアリングを実施し、ご要望の多い箇所から随時改善する予定です。

【サービスのお問合せ先】
株式会社True Data
HP問合せフォーム https://www.truedata.co.jp/contact

※True Dataでは、統計的な処理を行っており、店舗を特定できる情報は一切公開していません

【報道関係者様からのお問合せ先】
株式会社True Data
広報課 TEL:03-6430-0721/E-mail:pr@truedata.co.jp