プレスリリース

2019.07.31

〈ドラッグストア2019年6月のインバウンド消費調査〉
敏感肌用の洗顔料が急上昇!過去最高2位にランクイン
~インバウンド消費は「自分用」がキーワードに~

データマーケティングの株式会社True Data (トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之) は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年6月のインバウンド消費動向調査を発表します。日本政府観光局(JNTO)の発表によると、6月の訪日外国人数は前年同月比 6.5%増の288万人で、6月として過去最高を記録しました。ドラッグストアにおけるインバウンド消費1店舗あたりの売上金額は前年同月比20.1%減少し、マイナス傾向が続いています。1レシートあたりの購買単価は、同6.8%増(16,116円)だったものの、1店舗あたりの購買件数が25.2%減少したことが大きく影響しています。

売上個数ランキングでは、花王の敏感肌用洗顔料「キュレル 泡洗顔料」が過去最高の2位に上昇しました。ランキングでは化粧品が上位30位の半分近くを占め、今年に入り最も多い14商品がランクインしています。訪日リピーターが増え、買物のニーズが「大量のお土産」から「自分が使いたい商品」に変化していることが、洗顔料の人気にも影響していると考えられます。自分用商品の代表格である化粧品は、インバウンド消費の重要なアイテムとして今後の動向が注目されます。

■キュレル泡洗顔が過去最高2位
当月2位にランクインしたのは、ボトルをプッシュすると、きめ細やかな泡が出て肌を強くこすらずに洗顔ができる「キュレル 泡洗顔料」でした。前月に引き続き1位は「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」で、乾燥性敏感肌の方に向けて開発されたキュレルブランドの人気が目をひきます。 キュレルは、花王グループ化粧品事業のグローバル戦略ブランド「G11」の一つに選定され、日本を含むアジア・欧州での育成を加速していくことが発表されています。キュレルブランドは8月にシャンプー・コンディショナーなどのリニューアルや、夜用リップバームの発売が予定されています。これらの新しい商品もインバウンド消費で人気となるか注目されます。

〈当調査におけるインバウンド消費の定義〉
全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「銀聯カードが利用可能」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」など複数の条件から「インバウンド店舗」を設計しています。その「インバウンド店舗」の購買情報をもとに、「1レシートあたりの購入金額が5,000円以上(免税対象)」の購入といった条件によってインバウンド消費を特定し、分析を実施しています。

インバウンド消費 実売動向レポートについて

データマーケティングの株式会社True Dataが毎月月末に発行しているレポート。2016年6月に発売がスタートしました。2019年6月のデータを掲載した「インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.39」は、下記ホームページより、レポートの一部を無料でダウンロードいただけます。
http://www.truedata.co.jp/inbound/

価格:年間購読版 月額83,000円(税別)

<報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社True Data  〒105-0012東京都港区芝大門1-10-11芝大門センタービル4階
広報課:西口・岡本 TEL:03-6430-0721/E-mail:pr@truedata.co.jp