Crew Interview

Crew Interview

社員インタビュー

喜びは、データを役立ててもらうこと。

アカウントマネジメント

2017年入社 総合美容科卒

川上鮎美

Ayumi Kawakami

データマーケティング部

データについて深く知りたかったことと、海外で生活した経験による語学力を生かしたい思いで転職。メーカーを担当する部署の中でも、大手外資系企業を担当。

大手顧客をデータで幅広くサポート

私はある大口の顧客を主に担当し、当社が保持するデータを活かした顧客の商品分析や、施策立案に役立つデータ作成、資料提供等を行っています。他のデータマーケティング部の営業とやや異なるのは、業務の範囲が広いこと。商品のマスターデータの整備のためにデータを統一したり、営業用ツールに組み込むデータの作成・管理も行ったりするなど、幅広く顧客のデータに関わらせていただいています。ときには単発の案件が舞い込むこともあります。社内プレゼンに使用するデータが欲しいといった話があった際は、上司と内容を相談しながら、当社の見解も付け加えた市場動向やメーカーの立ち位置といったデータを提供しました。依頼してきた担当者の考えとデータ内容が合致し、また当社なりの意見がプラスされていたことで喜んでいただきました。データが役立ったことや、付加価値を評価していただいたことなど、お役に立てた実感で嬉しくなりました。

多様な仲間とともに歩む楽しさ

私は元々文系出身なので、数字に関しては不慣れな部分もあります。しかし、当社のいいところはデータのプロからIT、小売までさまざまな職種を経験した人が集まっているところです。そのおかげで幅広い知識、知見が得られ、私も先輩や上司に積極的に質問しながら、営業としてのスキルを高めているところです。ビッグデータはまだ成長過程の分野だけに、社内からはああしたい、こうしたいといった案や動きが次々に出てきて活気にあふれています。自由に発言できる環境の中で、私自身も会社や業界とともに成長していきたいと思っています。

データに隠れた事実を、読み解く。

データアナリスト

2015年入社 総合政策学部卒

烏谷正彦

Masahiko Karasudani

アナリティクス・ソリューション部 / 次長

データサイエンティストとして、アナリティクスからソリューション開発、新分析手法や新サービスの評価・導入・開発まで行う、会社の核となる存在。

データの深層へ踏み込む快感

さまざまな分析手法によって、データに隠れたパターンや相関関係を明らかにするのがアナリティクスです。我々はクライアントからいただいた課題や依頼に対し、ID-POSを使ったアナリティクスによって解決策を提示する、データ分析のプロ集団です。私自身は10人弱いるチームの統括がメインですが、分析の実務や、営業メンバーと同行して専門的な見地からコンサルティングを行うこともあります。また、社内外で活用するシステム、ソリューションの開発なども担い、常に先を見据えて動いています。

ビッグデータ、データサイエンスといった言葉がさかんに飛び交う昨今ですが、我々の強みは日本最大級のデータ量を持つID-POSの専門家であることです。これを元にクライアントの課題解決ソリューションを提供できることは、最大の喜びと言えます。分析を行うことで見えていなかった事実を知り、予想と異なるものが見えてきたときなどは、この仕事の奥深さを感じ、面白いと感じる瞬間です。

進化する技術ともに成長していく

AI・機械学習が発展し、新しい技術やノウハウが生まれ続ける今、ビッグデータの世界はまだまだ発展していくでしょう。私はデータサイエンティストとして、そうしたものを取り入れつつ、より多くのクライアントの課題解決に寄与したいと思っています。またそれだけではなくTrue Dataのデータ・ソリューションを行政や個人レベルでも活用できるような、True Data総研を作るのも一つの夢。データを単なる数字ではなく、日本を盛り上げていくためのツールにすべく、私自身も進化を目指し続けます。

商品開発の上流を知るのが醍醐味。

アカウントマネジメント

2017年入社 文学部卒

阿部満梨奈

Marina Abe

データマーケティング部

営業職から転職。モノを売るにはデータを知り、使いこなすことこそ必要であると感じ、True Dataへ入社。メーカー向けの営業を担当している。

データ活用の営業という新しい世界

前職も営業でしたが、形あるものを売るのは熱意や気持ちも大事な要素でした。しかし、True Dataでの営業は数字という動かない根拠を元にしたデータ分析や伝え方、提案の中身が問われます。最初は不慣れでしたが、先輩の1対1のトレーニングや、定期的に社内で開催されるアナリティクスの勉強会によって必要なことを学んでいきました。人に教え、フォローする意識が強い社風は当社の良いところです。恵まれた環境で新たな知識を日々身につけ、成長している実感が得られています。

マーケティングの上流を知る喜び

入社3か月目から自分のアカウントを持ち、顧客の課題解決に当たっています。中でも興味深いのは、商品の根本に関わるマーケティングや営業企画、販促といった商品作りの上流にいる方々を相手にしていることです。企業がどのような観点で商品を送り出しているのかといったマーケティングの全体像を知りつつ、私の提案や分析が役立っている実感が得られるときが一番の喜び。あるお客さまでは、商品のリニューアルを行うことになり、私が提案した分析結果を元にパッケージデザインが決まりました。日頃目にするさまざまなものの中にデータは生きています。形としてそれが世の中に送り出されたときは、特に感動を覚えます。

営業はお客さま目線に立ち、単に数字を示すのではなく、一緒に課題を解決していく姿勢がないとデータは生きないと思います。私は人と話すのが大好きですし、コミュニケーションを密に取りながら、どんなことでも顧客に頼ってもらえる営業になりたいと思います。

データのスペシャリストを目指して。

アカウントマネジメント

2017年入社 理工学部卒

古泉彰

Akira Koizumi

データマーケティング部/リーダー

これからはデータの時代だと、豊富なデータを扱える会社を求めてIT業界から転職。メーカー向け営業として既存はもちろん、新規獲得でも成果を挙げている。

顧客の悩みを少しでも解決したい

「データの専門家がいれば、顧客のニーズを満たし、もっと成果が出せるのでは」。前職の営業時代、そんなもどかしさを感じたのが、True Dataへと入社したきっかけです。ビッグデータがさかんに話題にのぼる現代、量と質で日本最大級のデータを持つ当社だからこそ学べること、できることがあると感じました。

私はメーカー向けの営業担当ですが、当社のツールを提供している既存の顧客に対しては、使い方や商品開発に役立っているかといったフォローアップを定期的に行っています。ツールだけでは足りない場合は、ニーズに応じた分析にも対応します。また、ID-POSをベースにした膨大なデータを持つ当社には、ビッグデータを使用したいという問い合わせが頻繁に入ります。そうした企業に訪問し、新規獲得をすることもミッションです。True Dataによって、かつての私が感じていた課題や悩みを、少しでも解決する助けとなれることを嬉しく思っています。

会社のスピード感は成長にもプラス

当社は何にでもスピード感があることも魅力です。ツール開発にしても要件確定から実現までが非常に早く、「意見を聞かせて」と求められた機能が3か月後に完成していたときは驚きました。すぐにやってみようという気風に加え、社内で開発まで完結できる体勢が整えられていることも強みです。業界としても会社としても成長途中にあると感じますが、お客さまのニーズを満たし、評価されるサービスをスピーディに提案できる環境は、吸収できることも多数。それを生かし、私もビッグデータマーケティングのスペシャリストを目指します。

「これがやりたかった」、を聞く喜び。

アカウントマネジメント

2016年入社 デザイン科卒

松永朋克

Tomokatsu Matsunaga

リテールマーケティング部 / 課長

ドラッグストアチェーンで長年働き、POS分析担当者としてデータに興味を覚えたことから、True Dataへ。小売店向けの営業として課題解決に当っている。

小売の顧客に細やかなサービスを提供

リテールマーケティング部では、スーパーやドラッグストアといった、小売店の顧客を支援しています。ID-POSを元にデータ活用によって売上や利益アップといった、経営に関するお客さまの悩みを解決していきます。業務の中身は幅広く、会議資料作成の代行といったことから、分析ツールの導入、データを活用した施策提案などを行うコンサルティングまで、こまめにニーズを伺いながらサポートしていきます。また、お客さまはツールを導入し、データを持っていたとしても、それを生かしきれていないことが多々あります。そのため、ツールやデータの使い方を学んでいただく勉強会も開き、データの価値を感じていただく活動も大事です。

感謝の声をいただくのがやりがい

データというと数字一辺倒のような印象もありますが、ときには店舗にも伺い、現場の状況も把握します。その上で数字に関心の薄い相手に対しても具体的でわかりやすく、取り組みやすい提案をすることを心がけていますが、そこは私が小売で働いていた経験を生かせる部分でもあります。訪問や提案を重ね、「何でも遠慮なく言って」、「こういうことをやりたかった、あなたが担当してくれて良かった」との言葉をいただくときは、本当にやりがいを感じます。

現在、小売店におけるID-POSの活用はまだほんの一部。しかし、近い未来には企業の規模に関わらず当たり前のように使用する時代が到来するでしょうし、True Dataがそれを牽引していくはずです。私もその一翼を担い、誰でも自由で簡単にデータを活用できる社会の到来のため、架け橋になっていきたいと思います。