プレスリリース

2017.08.25

〈ドラッグストア2017年7月のインバウンド消費調査〉 インバウンド消費購買件数、4ヵ月連続前年超え
~「サンテFX」は4ヶ月連続、「コロロ」は8ヶ月連続トップ5!~

購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアのPOS(販売時点情報管理)データから、2017年7月のインバウンド消費動向をお知らせします。インバウンド消費購買件数は前年同月比0.2%増、1レシートあたりの購買単価は14,553円で、前年同月(2016年7月:15,116円)比3.7%減でした。インバウンド消費売上個数ランキングでは、目薬の「サンテFX ネオ 12ml」が第1位。「サンテFX ネオ」は4ヶ月連続、グミキャンディの「UHA味覚糖 コロロ グレープ」は、8ヶ月連続※でトップ5にランクインしています。単月として過去最高の訪日外国人数となった2017年7月は、定番商品が上位を占める結果となりました。
※2017年4月は増量品と従来品の合計

ドラッグストアにおけるインバウンド消費の購買件数 (インバウンド店舗1店舗あたりレシート枚数/単位:枚)

〈傾向〉
目薬「サンテFX ネオ 12ml」が2ヶ月連続1位、4ヵ月連続トップ5入りとなりました。同商品は、当社が調査開始した2016年4月以降、2017年2月、3月を除くすべての月でベスト5入りしています。菓子では増量品と従来品の合計で「UHA味覚糖 コロロ グレープ」が8ヶ月連続、「UHA味覚糖 コロロ マスカット」も7ヶ月連続でベスト5に入り、定番的な人気となっています。

■インバウンド消費の定義
全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「銀聯カードが利用可能」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」など複数の条件から「インバウンド店舗」を設計しています。その「インバウンド店舗」の購買情報をもとに、「1レシートあたりの購入金額が5,000円以上(免税対象)」の購入といった条件によってインバウンド消費を特定し、分析を実施しています。

■インバウンド消費 実売動向レポートについて
購買ビッグデータ分析の株式会社True Dataが毎月25日に発行しているレポート。2016年5月に発売がスタートしました。2017年8月25日(金)に、最新版の「2017年7月 インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.16」を発売します。下記ホームページより、レポートの一部を無料でダウンロードいただけます。
「2017年7月 インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.16」

〈報道関係者様からのお問合せ〉
株式会社True Data 広報室 03-6430-0721/E-mail:pr@truedata.co.jp