Eagle Eyeリアル消費を見抜く購買行動分析ツール

マニュアル不要! 全国5000万人規模のID-POSデータから、消費者の購買行動を手軽に分析

「Eagle Eye」は国内最大級の消費者購買情報データベースTrue Dataと連動し、全国のドラッグストア、食品スーパーにおける実購買データをもとに、高度な分析を手軽に実施できるツールです。

こんな現場のお悩みを一気に解決します!

Eagle Eyeの4つの特長

Point1国内最大級のドラッグストア・食品スーパーの実購買データを圧倒的な量と質で提供

分析対象となるデータ自体の質と量が担保されてはじめて意味のあるデータ分析が行うことができます。「Eagle Eye」は国内最大級の全国5000万人規模の膨大な購買履歴データをもとにチェーンバイアス・店舗規模・エリア・会員比率等を加味して設計された、最新のデータベースを搭載しています。

– 自己申告制のデータと異なり、レジで記録された実購買データをそのまま記録
– より偏りなく、安定したマーケティングデータを提供
– 生鮮・総菜を含めた幅広いカテゴリを網羅
– データは日次で最新の状態に更新、メンテナンスも万全
– 分析対象の買い物客を購買状況によって絞り込むことができる
– 実購買データだからこその全年代を網羅。高齢者を含めて5歳刻みで分析可能
×アンケートデータ⇒申告制のため、意識的/無意識の抜けや漏れが発生
◎Eagle Eyeの実購買データ⇒買物客のありのままの購買実態が反映

Point2顧客一人一人の購買行動に紐づく様々な指標データを導き出せる

「何が」「いつ」「いくつ」「いくらで」買われたのか、といったPOSデータから分かるベーシックな指標データはもちろん、購入者属性と紐づいたID-POSデータだからこそわかる、次のような様々な指標データを導くことができます。そのため、POS分析だけでは行き詰まってしまうときなどに、一歩踏み込んだ分析ができます。

どんな人が買っている?(属性別の購入個数や金額)
同じ商品を繰り返し購入した人の割合は?(リピート率)
違うブランドへ乗り換えた人はどれくらいいる?(流出者数)
この商品は普段どんな商品と買われている?(併買状況)
この商品を「買わなかった」人はどれくらいいる?(不購入者数)
など、さまざまな分析指標をご用意しています。

Point3本当に必要なリアルな購買動向が把握できる、8つの定番分析をご用意

消費者の購買行動を明らかにする8つの定番分析をご用意、見たいときにスピーディに手元で取り出せるので、資料作成の時間も大幅に削減できます。

どんな人が買っている?「属性別購入者分析」 
この商品を買う前は何を買っていた?「直前期間購入分析」
この商品を買うのをやめた後は何を買っている?「直後期間購入分析」
この商品を何と一緒に買った?「同時併買分析」
この商品を買った人は普段何を買っている?「期間併買分析」
売れ筋+リピーターの多い商品は? 「ABCL分析」
この商品の顧客定着度は? 「トライアル・リピート分析」
何個購入している? 「購入個数分布分析」
など、多数の分析を行うことが可能です。

Point4マニュアル不要! 簡単操作でスピーディに表示

難しいスキルは一切必要ありません。シンプルで分かりやすい画面に従って、やりたい分析や条件を画面にしたがって入力するだけで、簡単に分析を実行できます。
また、膨大なデータ量にもかかわらず、これまでにない圧倒的な分析処理スピードを実現しました。

分析の基本の操作は簡単3ステップ
分析結果をスピーディに表示

分析の基本操作は簡単3ステップ

Eagle Eyeでは、スピーディな分析結果表示を実現しています。膨大なデータ量を扱うツールにありがちな長い待ち時間がないと、高くご評価いただいています。

  • Step1

    実施したい分析の種類を選択します

  • Step2

    基準期間と比較する対象期間、基準商品、比較する対象商品を選びます。(※)

  • Step3

    分析の実行。結果はExcelデータとしてダウンロードすることができます。

※基準商品、対象商品は実施したい分析によって、カテゴリ、メーカー、ブランド、商品単位から選択できます。

活用シーンをご紹介!

「Eagle Eye」は、データ分析を主な職務としない方々にとっても、さまざまなシーンで便利にご利用いただけます。

  • お役に立てることがきっとあります。
    お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせ