プレスリリース

2019.12.26

〈ドラッグストア2019年11月のインバウンド消費調査〉
売上個数1位は5ヶ月連続で「DHC 薬用リップクリーム」
~1店舗あたりのインバウンド消費購買金額は、前年同月比16%減少~

データマーケティングの株式会社True Data (トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之) は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年11月のインバウンド消費動向調査を発表します。

当社の調査によると、ドラッグストアにおける1店舗あたりのインバウンド消費購買金額は、前年同月比16.2%減少でした。1店舗あたりの購買件数が前年同月比15.0%減少したことが影響しました。日本政府観光局(JNTO)の発表によると、11月の訪日外国人数は韓国市場減速の影響で前年同月比0.4%減少し、2か月連続で前年同月を下回っています。ドラッグストアのインバウンド購買単価も前年同月比1.5%減少でしたが、インバウンド消費の購買単価は国内消費と比べ約9倍高く、インバウンド消費はドラッグストアにおいて依然重要な要素であると言えます。

インバウンド消費売上個数ランキングTOP30内では化粧品が最も多く14商品ランクインし、続いてOTC医薬品が9商品、菓子類が6商品入りました。第1位の「DHC 薬用リップクリーム」は7月から5か月連続で首位を獲得し、インバウンド消費における定番人気商品の座を盤石にしているようです。

ドラッグストアのインバウンド消費購買金額の推移  1店舗あたりの売上金額 (円)

■ 「DHC 薬用リップクリーム」が5か月連続1位
11月のインバウンド消費売上個数ランキングTOP30の1位は、5か月連続でオリーブバージンオイルを配合した「DHC 薬用リップクリーム」でした。以前にも2017年11月から4か月連続で1位を記録したこともあるインバウンド購買の人気商品の一つです。国内消費でリップクリームは肌の乾燥が気になる秋冬に需要が高まる傾向があることから、連続1位の記録をどこまで伸ばすか注目されます。

トップ10常連の「DHC 薬用リップクリーム」

■インバウンド消費 実売動向レポートについて
データマーケティングの株式会社True Dataが毎月月末に発行しているレポート。2016年6月に発売しました。2019年11月のデータを掲載した「インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.44」は、下記ホームページより、レポートの一部を無料でダウンロードいただけます。


https://www.truedata.co.jp/inbound/
価格:年間購読版 月額83,000円(税別)

<報道関係者様からのお問合せ先>
〒105-0012東京都港区芝大門1-10-11芝大門センタービル4階
株式会社True Data 広報課 TEL:03-6430-0721