プレスリリース

2019.01.31

〈ドラッグストア2018年12月のインバウンド消費調査〉
コスメが人気!「保湿クリーム」初のランキング1位を獲得
~購買件数4か月連続前年割れ、年間では6%の増加~

データマーケティングの株式会社True Data (トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之) は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2018年12月のインバウンド消費動向調査を発表します。ドラッグストアのインバウンド消費1店舗あたりの購買件数は前年同月比で16.2%減少しました。購買件数が前年同月を下回るのは、台風の影響により訪日外国人数が減少した2018年9月から4か月連続です。1レシート当たりの購買単価は、同2.8%増加して15,105円でした。

2018年は1月から8月まで好調に推移したため、年間の累計では、購買件数が前年比で6.3%増加、1レシートあたりの購買単価が4.3%増加し、1店舗あたりのインバウンド売上金額は前年比で10.8%上昇しました。購買商品個数は1%増とほぼ横ばいであるのに対し、購買商品単価が9.7%増加しており、2017年より単価の高い商品が買われたことが年間売上上昇の要因といえます。

年間を通して、インバウンド消費売上個数ランキングトップ30に最も多くランクインしたカテゴリは化粧品でした。リップクリーム、日焼け止め、化粧水など様々な商品がランクインするなか、12月は初めて保湿クリームが第1位を獲得しました。化粧品は比較的単価の高い商品が多く、コスメ人気が今後のインバウンド消費にどんな影響を及ぼすのか、注目が高まっています。

■売上個数ランキング1位は「キュレル 潤浸保湿クリーム」
当月は「キュレル 潤浸保湿クリーム(花王)」が初の第1位を獲得しました。同じシリーズから、23位に洗顔料が、26位には乳液がランクインしており、高い人気を示しています。敏感肌用の「キュレル」ブランドはグローバルブランドへの育成を目指してアジアでの販売を強化しているため、訪日客の認知が進んだと考えられます。

保湿クリームが初の第1位

 

■当調査におけるインバウンド消費の定義
全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「銀聯カードが利用可能」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」など複数の条件から「インバウンド店舗」を設計しています。その「インバウンド店舗」の購買情報をもとに、「1レシートあたりの購入金額が5,000円以上(免税対象)」の購入といった条件によってインバウンド消費を特定し、分析を実施しています。

■インバウンド消費 実売動向レポートについて
購買ビッグデータ分析の株式会社True Dataが毎月月末に発行しているレポート。2016年5月に発売がスタートしました。2018年12月のデータを掲載した「インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.33」は、下記ホームページより、レポートの一部を無料でダウンロードいただけます。
https://www.truedata.co.jp/inbound/
価格:年間購読版 月額83,000円(税別)

<インバウンド調査サービスに関するお問合せ先>
株式会社True Dataホームページ お問い合わせフォーム
https://www.truedata.co.jp/contact

<報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社True Data 広報課:TEL:03-6430-0721