プレスリリース

2019.08.30

〈ドラッグストア2019年7月のインバウンド消費調査〉
続く化粧品人気!「パック」が今年最多の8商品ランクイン
~EC法の影響か、インバウンド売上のマイナス傾向続く~

データマーケティングの株式会社True Data (トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之) は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年7月のインバウンド消費動向調査を発表します。日本政府観光局(JNTO)の発表によると、7月の訪日外国人数は前年同月比 5.6%増の299 万1千人で単月として過去最高を記録しました。当社の調査によると、ドラッグストアにおけるインバウンド消費購買金額は前年同月比16.3%減少しました。特に購買件数の落ち込みが大きく、1店舗あたりのレシート枚数は前年同月比20.7 %減少し956件でした。1レシートあたりの購買単価は前年同月比5.5%増加しましたが、2019年2月から5か月続いていた16,000円を割り込み15,682円でした。

中国でEC法が施行された本年1月以降、ドラッグストアのインバウンド消費が減少しているなかで、化粧品は売上個数TOP30内に前月と同じく14商品がランクイン。なかでもパックは今年に入り最も多い8商品がランクインし、化粧品カテゴリをけん引しています。エリア別のランキングTOP10を見ると、人気のブランドが地域によって異なり、東京では「肌美精(クラシエホームプロダクツ)」が3商品、大阪では「プレミアムプレサ(ウテナ)」が3商品ランクインしています。今後のインバウンド消費においてエリアごとの需要を知り、品揃えに活かしてくことは、訪日客の満足度向上につながっていくと考えられます。

バラエティ豊富なパックが訪日客に大人気

 

■さまざまなブランドのパックが人気
パックは今年最多の8商品がランクインしました。内訳はシートタイプ(ウテナ、石澤研究所、クラシエホームプロダクツ、バンダイ)の7商品、洗い流すタイプ(pdc)が1商品です。唯一洗い流すタイプのパックでランクインした「ワフードメイド 酒粕パック(pdc)」は、中国のトップ女優がSNSアカウントで動画をアップし話題になっています。

■当調査におけるインバウンド消費の定義
全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「銀聯カードが利用可能」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」など複数の条件から「インバウンド店舗」を設計しています。その「インバウンド店舗」の購買情報をもとに、「1レシートあたりの購入金額が5,000円以上(免税対象)」の購入といった条件によってインバウンド消費を特定し、分析を実施しています。

■インバウンド消費 実売動向レポートについて
データマーケティングの株式会社True Dataが毎月月末に発行しているレポート。2016年6月に発売がスタートしました。2019年7月のデータを掲載した「インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.40」は、下記ホームページより、レポートの一部を無料でダウンロードいただけます。

http://www.truedata.co.jp/inbound/
価格:年間購読版 月額83,000円(税別)

<報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社True Data  〒105-0012東京都港区芝大門1-10-11芝大門センタービル4階
広報課 TEL:03-6430-0721/E-mail:pr@truedata.co.jp