プレスリリース

2020.02.28

〈ドラッグストア2020年1月のインバウンド消費調査〉
売上ランキングTOP30位内に「マスク」が12商品
2018年10月以来15か月ぶりに購買金額が前年同月を上回る

ビッグデータマーケティングの株式会社True Data (トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之) は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2020年1月および春節期間のインバウンド消費動向調査を発表します。

■2020年1月のインバウンド消費動向
1店舗あたりのインバウンド消費購買金額は、前年同月比3.4%増加し、2018年10月以来15か月ぶりのプラスとなりました。新型コロナウイルスの影響でマスクを買い求める訪日外国人が多く訪れたため、1店舗あたりの購買件数が増加し、前年同月比11.1%増でした。売上個数ランキングでは上位30商品のうちマスクが12商品を占めました。
日本政府観光局(JNTO)の発表によると、1月の訪日外国人数は、4 か月連続で前年同月を下回り前年同月比1.1%減少しました。1月27日より中国からの団体ツアー、航空券とホテルのパッケージ商品の販売が禁止されていることから、2月以降も訪日客の落込みが予想され、ドラッグストアのインバウンド消費へどの程度の影響があらわれるのかが懸念されます。

ランキング内にマスクが12商品

 

<春節期間のインバウンド消費>
集計期間 : 本年春節 2020年1月24日~1月30日※ / 前年春節 2019年2月4日~2月10日
春節期間の1店舗あたりの購買金額は前年比23.6%増加、1店舗あたりの購買件数は59.1%と大幅に増加しました。新型コロナウイルスの影響でマスクが大きく売り上げを伸ばし、前年の春節期間と比べ23倍を記録しました。
※2020年の春節延長期間は対象外

■2020年1月インバウンド消費売上個数ランキングTOP30

■当調査におけるインバウンド消費の定義
全国のドラッグストアにおける店舗情報をベースに、「免税店登録店舗」「外国人観光客が多く集まる観光エリア」など複数の条件から「インバウンド店舗」を設計しています。その「インバウンド店舗」の購買情報をもとに、「1レシートあたりの購入金額が5,000円以上(免税対象)」の購入といった条件によってインバウンド消費を抽出し、分析を実施しています。

■インバウンド消費 実売動向レポートについて
ビッグデータマーケティングの株式会社True Dataが毎月月末に発行しているレポート。2016年6月に発売しました。2020年1月のデータを掲載した「インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア> vol.46」は、下記ホームページより、レポートの一部を無料でダウンロードいただけます。

https://www.truedata.co.jp/inbound/

価格:年間購読版 月額83,000円(税別)