プレスリリース

2020.08.12

有料化直後のドラッグストア「レジ袋購入しない人」が約8割
~2020年7月1日からレジ袋を有料化したドラッグストアの実購買データを調査~

ビッグデータマーケティングの株式会社True Data ( トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之 ) は、2020年7月1日(水)から19日(日)までの実購買データによる「レジ袋の非購入者率」を発表します。当調査は、当社がデータ収集する延べ5,000万人規模の購買情報をもとに統計化したデータベースを用い、2020年7月1日(水)からレジ袋を有料化したドラッグストアでの購買データ(ID-POSデータ)を集計しました。

※レジ袋非購入者率(%)=集計期間中に1度もレジ袋を購入しなかった来店者数÷期間中の総来店者数 (ユニーク来店者数)

集計の結果、期間中(7月1日~19日)にドラッグストアで1度もレジ袋を購入しなかった来店客「レジ袋非購入者率」は約8割で、男性より女性、若年層より中高年層が高い結果となりました。反対に、レジ袋を購入する来店客の割合が最も高かったのは20代でした。出勤や外出のついでに買い物をする機会が多い若い世代が、常にマイバッグを携帯する生活様式が浸透すると、今後さらにレジ袋非購入者率が上がっていく可能性があります。

■調査結果のポイント
・ドラッグストアでレジ袋を購入しない来店客の割合は77.2%でした。
・レジ袋を購入しない人の割合を性別でみると男性が67.0%に対し、女性は80.3%で、女性が13.3ポイント高い結果となりました。
・レジ袋を購入しない人の割合が最も高いのは70代の85.0%でした。60代~80代は8割以上がレジ袋を購入していません。
・レジ袋を購入しない人の割合が最も低いのは20代の68.1%でした。続いて30代の70.4%と、中高年齢層と比較して若年層の方がレジ袋を購入する人の割合が多いことがわかりました。

集計期間 :7月1日(水)~19日(日)
地 域  :全国
データ出典:True Data

<報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社True Data  〒105-0012東京都港区芝大門1-10-11芝大門センタービル4階
経営戦略部 広報課
お問い合わせフォーム https://www.truedata.co.jp/contact