プレスリリース

2020.08.27

シチュー、白菜の売れ始めはいつ?「今秋の前線」を発表
~気象データ×購買データでシーズン商品の「売れ始め期」を予測~

ビッグデータマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之、以下True Data)は、この秋に「シチュー」、「白菜」、「ココア」、「入浴剤」が売れ始めるタイミングを示す「商品前線」を発表します。当社は、さまざまな季節商品の売れ始めやピーク、収束期を予測するサービス「商品前線」を提供しています。スーパーマーケット、ドラッグストアにおける、延べ5,000万人規模の購買情報を統計化した当社の購買データと、過去3年分の気象データ、気象庁が発表する3か月予報を掛け合わせ、当社の流通気象コンサルタントが監修し作成しました。

■2020年秋の商品前線ポイント
株式会社True Data 流通気象コンサルタント 常盤勝美 (気象予報士)


気象庁の長期予報によると、ラニーニャ現象が発生する可能性が高まっていることもあり、この秋は平年より気温が高くなると予想されています。そのため、今秋の商品前線は、到達時期が例年よりやや遅れる見込みです。シチューの素や鍋物料理に使う白菜などが売れ始める前線は8月中旬頃に北海道からスタートし、徐々に全国へと広がってゆきます。夏から秋に向かう気温の落差に影響を受けるため、まだ残暑が厳しい時期であっても前日との気温差で「食べたくなる」という点が興味深いですね。

シチュー前線(売れ始め期)
気象情報とスーパーマーケットでのインスタントシチュー(シチューの素)の購買データから算出した前線によると、北海道から東北、西日本へ南下した前線が、9月中旬以降に関東・中部地方へ到達する見込みです。シチュー前線は、関東・中部地方よりも、西日本の地域へ早く到達する特徴があります。

白菜前線(売れ始め期)
鍋物料理に使われることの多い白菜も、8月中旬以降、北海道から前線が南下し、東北、西日本へと続きます。関東・中部では、シチューより早く9月上旬に売れ始める見込みです。

ココア前線(売れ始め期)
気温の低下とともに飲みたくなるココアの前線も8月中旬以降北海道から南下し、東北、関東、中部、中国、四国へと続きます。近畿地方の一部では少し遅れて9月下旬頃から売れ始める見込みです。

入浴剤前線(売れ始め期)
入浴剤前線は他の前線と比べ、不規則に到達します。8月中旬頃、最高気温が33℃を下回るのに合わせて中国・四国地方から売れ始めます。その後、九州・近畿・東北・関東が8月下旬、9月上旬に中部へ前線が到達する見込みです。北海道では気候の違いの影響で、販売数が伸び始めるのは最高気温が26℃を下回る頃であるため、9月上旬の前線到達となります。

データ出典:True Data
購買データ:食品スーパーマーケット(シチュー前線、白菜前線、ココア前線)/ドラッグストア(入浴剤前線)
商品前線サービス概要:https://www.truedata.co.jp/news/release20200213

<報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社True Data  〒105-0012東京都港区芝大門1-10-11芝大門センタービル4階
経営戦略部広報課 お問い合わせフォーム https://www.truedata.co.jp/contact