プレスリリース

2021.08.31

気仙沼市・「人間の安全保障」フォーラム・True Data社の3者で
「誰一人取り残されない気仙沼」の実現のための連携協力に関する協定を締結
~データ事業への女性就労支援や子どものプログラミング教育などを実施~

2021年8月31日(火)午前10時、宮城県気仙沼市・菅原茂市長、特定非営利活動法人「人間の安全保障」フォーラム・高須幸雄理事長、及び株式会社True Data・米倉裕之代表取締役社長の3者は、SDGsが掲げる「誰一人取り残されない気仙沼」の実現を目指して、連携協力を推進するための協定を締結しました。

■目的
2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市において、3者が緊密に連携・協力して、地域との交流促進の視点に立ち、新型コロナウイルスの影響で職を失った女性に対してICTを活用した新たな就労支援を提供することなど、協働による活動を通じて、「誰も取り残されない気仙沼」の実現を目指すこと。

■連携イメージ

■連携事項
(1)女性向けのIT雇用機会の提供に関すること
(2)子どものプログラミング学習機会の提供に関すること
(3)一人親世帯の実態調査に関すること
(4)子どもの尊厳に関すること
(5)その他この協定の目的を達成するために必要な事項に関すること

気仙沼市について
宮城県の北東端に位置し、太平洋に面した沿岸域は、半島や複雑な入り江など、変化に富んだリアス式海岸を形成し、気仙沼湾は、湾口に大島を抱き、四季静穏な天然の良港となっています。人口は、60,555人(2021年7月末時点)。デジタル技術やデータ等を活用して、市民生活の利便性や企業の生産性向上、行政事務の効率化などを図る「ローカルDX(デジタルトランスフォーメーション)」を推進しています。 
https://www.kesennuma.miyagi.jp/

特定非営利活動法人「人間の安全保障」フォーラムについて
日本及び世界の持続的平和と持続的開発を追求し、移民や難民、災害などによる被災者など脆弱な立場におかれる人々の基本的人権が尊重される社会を実現することを目指し、関連組織、企業、自治体、団体ならびに個人と恊働・協力し、人間の安全保障を推進する各種事業を行っています。2019年11月、『SDGsと日本―誰も取り残されないための人間の安全保障指標』、2021年3月、「宮城県民の人間の安全保障指標」を発表。
所在地 : 東京都新宿区新宿一丁目36-2新宿第七葉山ビル3階
代表者 : 理事長 高須幸雄
設 立 : 2011年4月2日(法人格取得:2011年10月31日)
https://www.hsf.jp/

株式会社True Dataについて
日本最大級の6000万人規模の購買行動データを扱うビッグデータプラットフォーム。「データと知恵で未来をつくる」をパーパスに掲げ、都市部や大企業だけでなく、地域や中小企業もデータを活用するために、データマーケティング人材の育成にも取り組んでいます。
所在地 : 東京都港区芝大門1-10-11 芝大門センタービル 4階
代表者 : 代表取締役社長 米倉 裕之
設 立 : 2000年10月10日
https://www.truedata.co.jp/