TAG 流通用語

流通用語一覧

小売や流通などの業種に関連する専門用語をテーマ別に解説しています。 小売全体 ID-POS 客単価 ターゲット・マーケティング【target marketing】 損益分岐点 マグネット効果 商圏【trading are…

流通用語:アール・エフ・エム分析【RFM】

アール・エフ・エム分析【RFM】 データベースを使ったターゲット・マーケティングで、顧客の過去の購買履歴を分析する手法。RはRecencyでもっとも最近購入された年月日であり、FはFrequencyで過去1年などの一定期…

流通用語:ハフ・モデル【Huff model】

ハフ・モデル【Huff model】 米国のマーケティング学者D.ハフによって開発された計算式によって小売商圏を測定する考え方のひとつ。消費者の買物行動における店舗や商業中心地選択の確率は、店舗の品揃え量に比例し、居住地…

流通用語:マグネット効果【magnet effect】

マグネット効果【magnet effect】 商店街やショッピング・センターなどで、特定の店舗や施設が遠距離からも顧客を吸引(マグネット)する効果のこと。ショッピングセンターなどにおける核店舗は、このマグネット効果を期待…

流通用語:ハイパー・マーケット【hyper market】

ハイパー・マーケット【hyper market】 ヨーロッパで急激な成長をみせた郊外型スーパー・マーケット。売り場面積2500平方メートル以上で食料品を主体とした商品構成、大規模な駐車場を備えている。わが国では、比較的大…

流通用語:ロジャースの普及理論

ロジャースの普及理論 消費者の商品購入に対する態度を5つのタイプに分類したもの。新しい商品に対する購入の早い順から、 1.イノベーター=革新的採用者(2.5%)、 2.オピニオンリーダー(アーリー・アドプター)=初期少数…

流通用語:坪効率

坪効率 売場の生産性を示す指標のひとつで、売場1坪当たりの売上高をいう。一般には食料品など粗利益の低い最寄り品の坪効率が高く、衣料品などの粗利益率の高い買回り品の坪効率は低くなる。小売業経営にとって、この坪効率のアップが…

流通用語:市場占拠率【market share】

市場占拠率【market share】 市場占拠率。市場の中での自社商品の占有状況を示すものであり、通常、パーセントによって示される。マーケット・シェアが高いと販売利益が急速に高くなり、マーケット・リーダーとして多くの利…

流通用語:製品差別化【product differentiation】

製品差別化【product differentiation】 消費者の欲求に合った特異性を打ち出して競合商品と識別させ、自社商品が優位な立場を占めるようにする戦略のこと。製品機能の面で差をつけるのがむずかしく、どのメーカ…

流通用語:PI値

PI値 PI(Purchase Index)値とは、レジ通過客千人当たりの購買指数です。お客様の支持度といってよいでしょう。たとえば、牛乳を購入している顧客数が、千人中100人だったら、その牛乳のPI値は10%になります…