CATEGORY 常盤勝美のお天気マーケティング

秋の気配に反応しやすいカテゴリーは?

こんにちは。流通気象コンサルタントの常盤です。全国的に雨が多く、日照時間の少ない7月となっています。関東甲信地方では梅雨明けの平年日が7月21日、梅雨明けが待ち遠しいところですね。 7月下旬から8月上旬は、1年の中でも最…

暑さ対策商品の購買動向から探る!地域による暑さの感じ方の違い

「今年の暑さはいつもより辛い…」そう思われている方も多いのではないでしょうか。新型コロナウイルス対策でマスクをすることが多いこの夏は、例年にも増して「暑さ」への対策が欠かせなくなりそうですね。 これから日本列島は本格的な…

気象&購買データから見た“外出自粛”の影響
~UVケア用品への影響を流通気象コンサルタントが分析!~

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、マスクやトイレットペーパーなどが、例年のこの時期とは大きく異なった購買傾向を示しているのは、マスコミ報道でご承知のとおりです。売場で商品が品切れしている映像ばかりをよく目にしますが、一…

「寄せ鍋」と「キムチ鍋」。寒くなるほど売れるのはどっち!?

残暑長引いた今年の夏もようやく終わったといって良いのではないでしょうか。ようやく売り場も秋冬物一色に変わったという感じです。これからは、おでんや鍋物料理などが食卓での定番となることでしょう。 鍋つゆにも様々な種類がありま…

秋冬物の典型商品は、今年は苦戦に注意

そろそろ今年の秋冬物商戦の時期ですね。気象庁など気象機関が長期予報を発表する際、参考にしている根拠の1つにエルニーニョ現象・ラニーニャ現象の発生状況があります。これらは南米ペルー沖の海水温が平年と比べて高くなる(エルニー…